映画いぬやしきラストのネタバレと感想!衝撃の結末に一同騒然!

スポンサードリンク
 

映画版いぬやしきが4月20日に公開されますね。

映画を見る前に結末を知っておきたいあなた、映画を見る予定はないが、話題に乗り遅れたくないあなた。

これさえ見れば、いぬやしきがどういうものか簡潔にわかります。

知りたくない方は、ネタバレ注意です。

先に原作を読んでみたいという方はこちらかどうぞ。

いまならkindleで1巻は無料で見ることができますよ。

映画版いぬやしきのキャスト一覧

映画版のキャスト一覧を見てみましょう。

主人公の2人を見てあれっておもったあなた。

こちらの記事をご覧ください。

映画いぬやしきはなぜ小日向文世ではなく木梨憲武を起用したのか?

犬屋敷壱郎(木梨憲武)

58歳には到底見えないほど白髪の老け顔サラリーマン。

念願のマイホームを飼うも、病院で、ガンを宣告されてしまう。

失意のうちに、飼い犬のはな子の散歩中にUFOの墜落事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わる。

人としての体を失った後、生きている実感を得るために人助けに力を注ぐようになる。

獅子神皓(佐藤健)

元は、普通の高校生。

安藤の親友。

犬屋敷と同じ事故に巻き込まれ、機械の体を手にしたが、犬屋敷とは対称に犯罪行為を繰り返す。

安堂直行(本郷奏多)

獅子神が唯一心を許す幼馴染。あだ名は名前を音読みした「チョッコー」。
優しすぎる性格のため同級生たちにいじめられ、引きこもっていたが、機械の体を手にした獅子神の暴走を止めるべく、犬屋敷の相棒として奮闘する。

渡辺しおん(二階堂ふみ)

獅子神と安堂のクラスメイト。

祖母と二人暮らし。

特徴的な癖っ毛のせいで同級生からバカにされているが、いじめられていた安堂を助ける獅子神の姿を見て、好意を寄せるようになる。

犬屋敷麻里(三吉彩花)

犬屋敷の娘で、獅子神と安堂のクラスメイト。

容姿端麗な自分とは違い、老けている父のことをうっとうしく思っている。

将来の夢は漫画家になること。

犬屋敷剛史(福崎那由他)

犬屋敷の息子。

特にこれといって役割は無し。

犬屋敷万理江(濱田マリ)

犬屋敷の妻。

特にこれといって役割は無し。

獅子神優子(斉藤由貴)

獅子神の母親、シングルマザー。

獅子神が殺人犯だと警察にバレて責任を感じて自殺してしまう。

荻原刑事(伊勢谷友介)

刑事で、獅子神を担当している。

口だけは達者で、警察の威信にかけて獅子神を捕まえようとする。

獅子神の前では役立たず。

 
スポンサードリンク
 

映画いぬやしき原作ネタバレ

では、映画いぬやしきのネタバレをしていきます。

序盤、中盤、終盤の3部にわけて紹介していきます。

ラストだけ知りたい方は終盤だけを見てください。

序盤:犬屋敷と獅子神が機械化するまで

物語は、犬屋敷壱郎から始まります。

どこにでもいる平凡なサラリーマンの犬屋敷壱郎は、58歳には見えないほど老けています。

会社や家族からも疎まれ、1人孤独を感じながら生きていました。

そんな壱郎は、58際にして念願のマイホームを手に入れます。

家族との幸せな生活が待っていると思った矢先、体調が悪くなって病院に行くと、癌であると医者に宣告されます。

余命は3ヶ月。

失意のまま家に帰りますが、家族に癌であると打ち明けようとしますが、できませんでした。

悲しみのあまり家を飛び出し、公演に行くと、そこにはある少年(獅子神皓)がいました。

そして、突如宇宙船が落ちてくるのです。

そして二人は死にます。

宇宙人は、二人を死なせてしまってまずいと思ったのか、機械にして二人を生き返らせます。

そこから物語は動き始めます。

中盤:犬屋敷と獅子神が再び出会い対決するまで

同時にネタバレを書くとよくわからなくなると思うので、個別に書いていきます。

犬屋敷壱郎

ふと目覚めた壱郎は、自分に何が起こったのかわかりませんでした。

特に体に異常はなく、むしろ良くなっている感じでした。

そして、帰り道に、野良犬のはな子を拾います。

はな子を家に連れて帰り、突如、何者かの声が聞こえるようになるのです。

そして、自分が機械になっていることに気づきます。

自分が機械化してびっくりするもそれを受け入れます。

そして、自分が手に入れたこの力をいいことに使うようになるのです。

最初は、ホームレスを救い、不良に絡まれている人を救い、ヤクザに捕まった女性を救います。

そうこうしているうちに、自分の力が、病気の人を救えることに気づき、病院で人を救い始めます。

 

獅子神皓

一方獅子神は機械化し、自分が生きているのか死んでいるのかが分からなくなり、困惑していました。

そして、人を殺すことで自分が生きているんだという実感を感じるようになるのでした。

神に等しい絶対的な力を手に入れた獅子神は、つぎつぎと学校の帰り道に、何気なく人を殺していきます。

そして、獅子神の親友である安堂直行に会いに行きます。

安堂は学校でいじめを受けていて不登校でした。

そんな安堂に明日は絶対に学校に来いよといいます。

そして、次の日に学校に来た安堂が見ている中で、屋上から安堂をいじめていた連中を殺害してしまうのです。

銃も武器も使わない獅子神に対し、安堂は驚きを隠せません。

そんな獅子神は安堂になら受け入れてもらえると思い、自分が機械だと打ち明けたのですが、安堂は受け入れませんでした。

安堂は獅子神に自首するよう言いますが、獅子神は聞き入れませんでした。

そして、獅子神と安堂は対立してしまいます。

そんな中、獅子神は、機械化で得た力を使い、お金をATMから盗んだり犯罪を繰り返します。

そして、苦労して育ててくれた母親を良い家に住ませてあげます。

殺人以外普通の生活を送っていた獅子神に突如終わりを迎えます。

連続殺人の犯人だとバレてしまうのです。

そして、獅子神は警察からの猛追撃を受けるのです。

獅子神は逃亡する中、あるニュースを見ることになります。

母親が自殺してしまうのです。

失意のあまり暴走する獅子神。

警察に追い詰められてしまいます。

そこで、登場するのが、渡辺しおんです。

渡辺は、獅子神の事が好きで、獅子神を庇い、自宅に匿います。

間一髪の所で助けられた獅子神は、渡辺と渡辺のおばあちゃんと暮らし始めます。

そして、渡辺の優しさに触れ、人を殺すことを止めます。

そして、困っている人を助けることを始めます。

しかし、そんな生活も長くは続かず、獅子神は、居場所がバレて警察に渡辺の家を襲撃されます。

関係のない渡辺とおばあちゃんが襲われたことで、獅子神は更なる殺人鬼へと変貌します。

手が付けられなくなった獅子神は、渋谷のテレビ画面から、毎日1000人殺すと宣言します。

終盤:衝撃のラストまで

獅子神は、渡辺しおんを攻撃されたことで、暴走します。

獅子神は、渋谷のテレビ画面から、毎日1000人殺すと宣言することで、また2人は関係します。

獅子神は人を殺す側に、犬屋敷壱郎は助ける側になり二人は衝突します。

ここから獅子神と犬屋敷壱郎の戦いが始まります。

獅子神は一斉攻撃を仕掛けます。

空を飛んでいる飛行機を墜落させます。

壱郎はそれを防ごうと獅子神と戦います。

獅子神は、むやみやたらに街を攻撃します。

そして、その攻撃のさなか、犬屋敷壱郎の娘麻里が事件に巻き込まれます。

展望台にいたところ、飛行機の墜落に伴い火災が起こり、壱郎に助けを求めます。

しかし、壱郎は獅子神と戦闘中で、助けに行く余裕はありませんでした。

壱郎は、焦りながらも獅子神の片腕と頭部を破壊し、何とか倒しました。

そして、急いで麻里の所へ向かいます。

しかし、麻里はすでに火災の煙で息絶えていました。

壱郎は、機械の力で必死に助けようとしますが、生き返りません。

諦めかけたその時・・・

何と麻里が息を吹き返しました。

壱郎は麻里を抱えて展望台から飛びます。

麻里はその時、初めて父親が機械になっていることを知るのです。

そして、壱郎は家族に全てを伝え、幸せなひと時を送るのです。

獅子神も、命からがら生き延びていました。

安堂の所に行ったのです。

安堂は傷ついた獅子神を優しく迎えます。

ここで物語は終わるかに見えて衝撃のラストに突入します。

なんと、巨大隕石が落下するというニュースが突如流れます。

人々は混乱し、我を忘れます。

あるものは、奪い、あるものは絶望します。

ミサイルで攻撃しても隕石はびくともしません。

そんな中、壱郎は、隕石を破壊しに行こうとします。

家族は止めましたが、壱郎は隕石に向かって飛び立ちました。

壱郎は隕石にありったけの攻撃をしますが、びくともしません。

機械で計算すると、自分が自爆をすることでのみ隕石を破壊することができることを知ります。

壱郎は、自爆をしようとしますが・・・・

その時、目の前に獅子神が現れたのです。

そして、獅子神が自爆して隕石を止めようとします。

獅子神が、自爆して隕石が壊れてほっとしている所、まだ隕石が残っていたのです。

このままでは隕石が落下し地球に住んでいる人々や家族は死んでしまいます。

壱郎は、そこですべてを悟るのです。

「自分が生まれ変わったのは、この時のためだったんだ」と、そして壱郎は、自爆をして隕石を破壊して物語は終わります。

 

まさか、最後に隕石が落ちてくるとは思いませんでしたね。

そして最後は自爆をして二人とも死んでしまいます。

二人が本当に死んだかどうかの描写はされていませんが、おそらくは、自爆の際に死んだと考えられます。

隕石落下後の物語は描かれていないので、そこは想像の域を出ません。

まとめ:衝撃のラストに震える

あらすじネタバレを紹介しました。

いぬやしきは、漫画アニメ映画と色々なメディアに進出しています。

一度は読んでみるべきマンガだと思います。

アニメと映画でキャストが変わっていたりして、残念がっている方もいるようです。

是非、アニメ版も見てみて、映画版とどちらがいいのかコメントしてください。

スポンサードリンク