半分青い91話感想ネタバレ有り!鈴愛は結婚式でも無事やらかす!

スポンサードリンク
 

 

「NHK朝ドラ半分青いの記事まとめです。ぜひご覧ください。」
半分青い記事まとめ

2018年スタートの主演永野芽郁の朝ドラ半分、青い。

半分青い91話が放送終了しました。

いったいどんな内容だったのでしょうか?

内容を紹介していきます。

【Amazon.co.jp 限定特典/クリアファイル付き】「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK

今すぐ半分青いを視聴したい方はこちらをクリック

91話感想ネタバレ有り:鈴愛は結婚式でも無事やらかす!

半分青い90話感想ネタバレ有り!涼次は楡野家に結婚の挨拶に行もやらかす

涼次が空気を読まず笑い出す

涼次が、結婚の挨拶をして急に笑い出してやらかすところからです。

涼次の笑いにつられて、仙吉、晴、宇太郎と笑い出します。

仙吉は、空気を読んで自分も笑ったのでした。

そのおかげで一気に硬い空気が和やかになりました。

 

その夜、夕食を頂く涼次。

夕食を終え、自分の部屋を紹介する鈴愛。

涼次「小さい頃の鈴愛ちゃんに会いたかったな。」

横になって部屋で話をしていると、草太がいきなり入って来て涼次は飛び上がります。

そして宇太郎は、すっかり涼次と打ち明けた様子でした。

涼次は自分の両親の事を思い出して泣き出す

寝る時間になったころ、鈴愛は涼次の元に湯冷ましを持っていきます。

すると涼次は一人で泣いていました。

鈴愛「どした?」

涼次「家族いなくて、僕の父親は絵の仕事をしてて、母親と二人で海外に仕事に行くことになって。その間おじいちゃんのうちに預けられた。」

涼次「いってらっしゃいって送り出して、空港に向かう途中で事故。」

涼次は、鈴愛の家族の暖かみに触れ、自分の両親の事を思い出して泣いていたのです。

涼次の過去を聞いてもらい泣きする鈴愛。

思わず涼次を抱きしめます。

鈴愛「私が家族になるよ。楡野の家の人はみんなあほだけど、いい人だから、りょうちゃんの家族になるよ。」

晴は鈴愛に結婚祝いのプレゼントをする

晴は鈴愛に結婚祝いのプレゼントをします。

形はフクロウの形でした。

晴「目がサファイアで、口がルビー」

鈴愛「すごい」

晴「お母ちゃんが結婚してきたときに、おばあちゃんからもらった。」

鈴愛「いいの?」

晴「あんたが結婚してく時に上げようと思っとった。」

鈴愛「ありがとう、大事にする。」

晴は、このフクロウの宝石を鈴愛に上げることで、やっと子離れできると思ったのではないでしょうか。

鈴愛の結婚を見届けてようやく鈴愛が大人になったと感じているのでしょう。

晴「おめでとう、鈴愛。」

 

そして、二人は無事に結婚式を挙げるのでした。

 

といいたいところですが、鈴愛は結婚式でもやらかしてしまいます(笑)

気になる方は、是非ご自分で何をやらかしたか見てみてください。

 

私は草太の結婚の方が楽しみだったりしますね。

次回に続きます。

 

 
スポンサードリンク
 

91話を見た視聴者の感想は?

視聴者の感想をピックアップして紹介します。

  • しかし「なんで漫画家やめたの」「辞めたならなんで帰ってこないの」「これからのことどう考えてるの」という質問を全部無効化するアイテム・人のいい婚約者すごいな…2人ともフリーターだし結局なんの問題も解決してないよ
  • 僕には家族がいなかった発言、涼ちゃんにとっては「僕の思うような家族ではなかった」というのがすべてなんだろうけど、それはもし鈴愛が「僕の思うような奥さんではなかった」ら全部責任おっかぶせてくるんでは…というか朝ドラあるある失踪枠になる可能性すらあるぞ涼ちゃん
  • 「家族いなくて」。育ててくれた祖父母や貯金までしてくれてた三叔母の存在は無かったことにして生きてる涼ちゃん。自分の不幸をアクセサリーにして生きるタイプですね。
  • あー…涼次を見ていて不安になる訳が何となくわかった気がする。これ下手すると鈴愛が涼次のお母さん代わりになってしまうやつだ…ありのままの自分を母親のように受け入れてくれる人を探してたんだ…エグい…エグすぎる
  • 3歳で両親といきなり死別は本当に可哀想だし心に深く刻まれるよね…って思うんだけど、それから自分を育ててくれた祖父母や、溺愛して結婚にあたり通帳渡してくれた叔母たちがいるのに「僕には家族がいなかった」と切り出せてしまう28歳の男はやっぱりちょっと歪だよ、涼ちゃん
  • 草太の結婚したい相手がアラフォーバツイチ子持ちのバーのママだと聞かされた仙吉じいちゃんにとって涼次のやらかしなど恐るに足らなかった
  • 入り込めないなぁ。なんか薄っぺらく感じてしまう。「ちりとてちん」の、「今日から俺がお前のふるさとや」のシーンは、あんなにも感動したのにな。ストーリーやエピソードの積み重ねがあるかないかの問題なのかな。いや、それ以前の問題だわ(笑)。
  • 涼ちゃんにとって、3オバは家族じゃなかったのかな…。それに、おじいちゃんおばあちゃんもいたわけでしょ?育てた側は、そんな風に思われてたって知ったら、さみしいだろうな〜。
  • 涼ちゃんが吹き出したのは、「笑いは緊張の緩和」(桂枝雀師匠)の言葉通りで、それを仙吉さんがアシストした形で丸く収めたのは、亀の甲より年の功。あのとき誰かが「挨拶の席で笑い出すとな何事か」と激怒すれば、過剰な緊張を強いることになる。
  • 3オバは涼次の事を甘々に甘やかして育ててきたようだけど甘やかす事と適度に甘えさせる事は違うからな。両親がいなくなったかわいそうな子として扱い自立する機会を奪ってしまったのかな。人一人を育てる責任の有無というかありのままの涼次に向き合ってなかったのかもな。根深いぞこれは
  • 和装での結婚式やらかしは私の青空第1話(結婚式で新郎に逃げ出されて和装ダッシュからのかつらポーン)をなかなか超えていきませんが、リアリティのあるやらかしという意味ならこっちの勝ちだな
  • えっ?三人の伯母さんたちは?愛し育ててくれたんじゃないの?家族じゃないの??
  • 半青、キャラ同士の関係は和やかでギスギスしたりいびったりってのは今の所ないんだけど、視聴者が地雷原を歩いているような感覚が強くて心臓に悪いでござる
  • 情ってかければ良いというわけではないからなぁ。叱るべきときに叱り、庇うべきときに庇うことが子供には必要だろうし、それを三オバが涼次にしたようには見えないからなぁ。普通の家族というものが如何に難しいものかと、楡野家が仲良しであればあるほど思う
  • りょーちゃんってきっと辛いことに本気で向き合ったら壊れるくらいの経験してきたから、それで恋愛に真剣になりきれなかったり真面目な話をするときに笑ったりするんだよね。
  • まあ律くんも「自分が初彼女に色ボケて距離置いて4年ほぼ連絡取らなかった相手に好きだとも言わずいきなりプロポーズ」を「24年思い続けた相手にプロポーズまでしたのにフラれた」くらいの記憶の書換えしてより子に伝えている可能性がわりとあるってことよね…お前ら本当に…

 

「NHK朝ドラ半分青いの記事まとめです。ぜひご覧ください。」
半分青い記事まとめ

半分青いの見逃し配信はU-NEXTで視聴可能!

今すぐU-NEXTの31日間無料トライアルを申し込む

放送を見逃してしまった場合放送日の放送日の午後にNHKで再放送されます。

見逃してしまったという方は、U-NEXTで見ることができます。

今なら31日間は見放題作品は無料で見ることができます。

登録も非常に簡単で、3分もあれば無料トライアルに登録できてしまいます。

もし、気に入らなければ31日以内に解約をすることで料金は一切かかりません。

解約も簡単で、電話やメールをする必要は一切ありませんので安心してください。

↓31日間は無料お試しできる↓

今すぐU-NEXTの31日間無料トライアルを申し込む

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください