【映画】ゴーストインザシェル【攻殻機動隊】アニメファン原作ファンは酷評?あらすじネタバレ感想


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/inublog/dramacontents.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

つい先日アマゾンビデオで映画ゴーストインザシェルを見たので感想を書いていこうと思います。

ネタバレを含みますので、注意が必要です。

ゴーストインザシェルのあらすじ

物語は、スカーレット・ヨハンソン演じる草薙素子が全身義体化されるところから始まります。

最初の部分は、主にアニメ版映画「GHOST IN THE SHELL」の物語と同じ感じから始まります。

監督がアニメをよく見ているんだなーと感じました。

結構CGも凄くて、映像もとても良かったです。

草薙素子が、ビルから飛び降りて、テロリストと戦う際に光学迷彩で消えるシーンもとても良かったです。

テロリストの正体に「久世」という名前が出てきます。

ここでおや?っと思った方もいると思います。

アニメ版の2期でやっていたあの久世です。

そうなんです。この映画は、劇場版とアニメ版を一緒にしてしまった映画なのです。

劇場版の「GHOST IN THE SHELL」のストーリーをなぞりつつも、久世を捕まえるという展開になっているのです。

ですが、出島とか難民キャンプは出てきません。

原作の要素を取り入れてはいるが、ストーリーは違うのです。

そこが、アニメファンや原作ファンから酷評されている理由なのです。

話を戻しますが、草薙素子は、久世を追う際に、芸者ロボットに電脳ダイブします。

その際、久世に、素子を擬態化した企業を信じるなと言われます。

そして、体に様々な異変が起こっていきます。見たことのないはずのものが見えたりします。

そのことから、素子の中にある疑念が浮かんできます。

自分の記憶(ゴースト)は本当に本物なのか?という疑念です。

疑念に駆られた素子は、久世に導かれながら、過去の自分の記憶を取り戻そうとしていきます。

そのことが企業にバレて、企業から久世もろとも消されそうになるのです。

実は、素子は、テクノロジー反対の声明活動を無法地帯でしていたのです。

そして、久世は素子の彼氏だったのです。

久世と素子は、企業に仲間とともに捕まり、全身義体化の実験台にされていたのでした。

そして、久世は、失敗作として企業に捨てられそうになった時に、逃げ出したのです。

そして企業に恨みをもってテロを起こしていたのです。

最後に、企業側のボスはやられますが、久世も殺されてしまいます。

ですが、久世のゴーストはネットの世界で生き続け素子を見守っていくといった内容で終わります。

ゴーストインザシェルを見ての感想

正直な話、映画1っ本の中に詰め込みすぎた感じは否めなかったです。

アニメでも24話、劇場版で2時間の物を映画2時間に収めようとしていますから無理が出てきます。

そのことが、原作ファンは許せなかったのでしょう。

個人的には、荒巻課長が北野武だったのが、あまりよくなかったです。

北野武と荒巻では、雰囲気があまり似ていません。

あと私が見たのは字幕版だったのですが、荒巻とトグサだけ日本語でしゃべっているのにも非常に違和感を感じました。

なぜか素子は英語を喋り、荒巻は日本語にしたのかが、良くわかりません。

どうせなら全員英語でよかったのではないでしょうか。

物語の舞台も正直日本なの?っていう感じでした。登場人物は日本人と外人でみると外人の比率のが多かった気がします。

それならばいっそ舞台をアメリカとかにしてしまってもよかったのではないかと思いました。

ですが、全体的にはしっかりと2時間で収まっていたので、まあまあ良かったのではないかと思います。

点数をつけるならば、100点中60点ぐらいではないでしょうか。

ゴーストインザシェルに続編はあるのか?

正直な話、続編は無いのではないかと思います。

もし続編を作る予定があったのならばあそこまで詰め込む必要がありませんから、元々続編を作る気はなく、今作で終わらせる予定だったのでしょう。

今後やるのであれば、攻殻機動隊ARISEの方であればやる可能性はあると思います。

こちらは、素子が公安9課の部隊員を集めるまでの物語ですから、ないことは無いと思います。

今作では、部隊員が集まった状態から始まっていますので、50%じゃないでしょうか。

実際にアニメでも攻殻機動隊ARISEは後からやっていますから、実写版であとからやる可能性はあります。

ゴーストインザシェルを見た視聴者の感想

ゴーストインザシェルを見た視聴者の感想は以下の通りです。

スカヨハ攻殻機動隊観たよ 1ファンからするとおぉそうきたかハリウッド版って感想だね 不満を言わせてもらうとメスゴリラ感が足りない、そう囁くのよ、私のゴーストが。

GHOST IN THESHELL感想。押井原理主義者は二言三言言いたいことあるだれうな。絵図はよかった。あとは劇場でご確認下さい!

観てきた。詳しい感想は後で。 差し当たり、感動しかない!感想はちょっと待ってね、 これだけは言わせて。ハリウッドの、最高の熱意とプロ意識と原作への敬意を感じた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください