【99.9刑事専門弁護士SEASON2】3話あらすじネタバレ感想 視聴率16.2% 舞子初弁護をする

今回は、【99.9刑事専門弁護士SEASON2】3話のネタバレ感想をしていきたいと思います。

第3話の視聴率は16.2%と若干減少

3話の視聴率は16.2%と前回の18.0%より1.8%減少してしまいました。

ひょっとしたら録画組が増えたのかもしれませんね。

次回に期待です。

第3話登場人物一覧

山内 徹・・・松尾 諭

石川敦子・・・安達祐実

ジョーカー茅ヶ崎・・・宇崎竜童

村野正義・・・永岡卓也

元木・・・保坂知寿

安田・・・伊藤高史

【99.9刑事専門弁護士SEASON2】3話あらすじ

深山たちが「いとこんち」で料理を食べていると頃から始まります。

テレビをふと見ると、とあるニュースが目に入ります。

そしてテレビをつけると、佐田と人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)が記者会見を行っていました。

記者会見では、ジョーカー茅ヶ崎が犯人ではないかと疑われていました。

その頃、舞子はなじみの店に行くと、元同僚達と出会います。

次の日、佐田に一本の電話が入ります。

ジョーカー茅ヶ崎が逮捕されたと連絡を受けます。

ジョーカー茅ヶ崎が安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕されたのです。

佐田は、深山を避け、尾崎舞子を連れていきます。

何かを隠している模様。

茅ヶ崎は、佐田に言われたとおりに話したら、嘘を言っていると疑われました。

違法賭博をしていた話はするなと佐田に言われた通りに黙っていたら、余計悪い方向に向かってしまったのでした。

佐田は、舞子に事件の調査をさせるようにします。(完全に逃げましたね。)

尾崎は、殺害されたジャーナリストの安田の事件の真相を探ります。

安田のいた事務所のビルから茅ヶ崎がでてくるのが目撃されているのでした。

そして、茅ヶ崎が出てくるのを目撃していた石川が自宅で就寝中に襲われた事件について調べます。

凶器のモアイ像の写真立てから茅ヶ崎の指紋が検出され逮捕に至ったのです。

事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。

最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。

依頼人の利益を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、深山たちは佐田を攻め立てます。

深山は、事件の真相を知るためには、目撃証言、凶器の指紋に目を付けます。

深山は茅ヶ崎に会いに行きます。

事件当日の事を事細かく聞いていきます。

凶器について聞くと、見たことも触ったこともないといいます。

その後深山たちは、事件現場に行き、事件を再現します。

舞子は、目撃者が住んでいるビルの防犯カメラの映像を入手しに行きます。

深山は、明石を連れていくよう進言します。

舞子は、防犯カメラの映像をもらえるよう頼みますが、舐められて渡してもらえません。

そこで、明石が土下寝をして、無事もらえました。

深山は、別行動をします。

事務所で防犯カメラの映像を確認しますが、深山に非常階段の存在を指摘され、防犯カメラの映像が役に立たないことがわかり、落胆します。

翌日、開示された事件の証拠を確認します。

茅ヶ崎の弁護が始まります。

佐田は、自分が弁護人席に立つと不利になるからと舞子に任せます。

舞子は必死に弁護をします。

弁護が終わった後に、目撃者が意識を取り戻したと連絡を受けます。

そして、出張尋問をします。

石川は、モアイ像の写真立てが凶器だと証言します。

深山は、目撃証言について追及します。

目撃証言が、怪しいと裁判官に訴えます。裁判を延期してほしいといいます。

後日同じ条件で、目撃者の言っていることが本当か確かめるのです。

舞子は、行きつけの店で、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)に会います。

そこで、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。

舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励します。

山内は、裁判を延期するかどうかで、悩んでいます。

川上に相談するとおまえのやりたいようにやれと激励され、延期を決意します。

そして、待ちに待った雨がやってきます。

深山たちは、事件を再現します。

ビルから出てきてもらいます。

石川は事件当日より雨が強くて見えないといいます。

そこで深山は、石川に鎌をかけます。(隠し撮りしてます。)

そこで、深山は、他の記者から安田に脅迫されていたのは、石川の婚約者の村野だと教わり、村野に行きつきます。

深山と舞子は村野の家に行きます。

そこで、凶器のモアイ像とおそろいのものを見つけます。

モアイ像を見て、深山は閃きます。そしてダジャレです。(寒いです)

そして、裁判に行きます。

まずは、目撃証言を崩しにかかります。

鎌をかけてた時の映像を証拠として提出します。

証人の目が見えていないことが分かったのです。

次の凶器についての証言を覆します。

凶器の写真立ての裏をみて、石川は、茅ヶ崎は犯人ではないと証言します。

石川は村野に騙されたと知り、真実を語ったのでした。

そして、茅ヶ崎は無事無罪になり、今回はおしまいです。

3話を視聴した視聴者の声

今日の99.9は、笑福亭鶴瓶も出演。きっと面白い。つまらないはありえない。

3話あらすじネタバレ 感想 視聴率 佐田の絶叫に松潤も文乃も苦笑い! 香川照之が市川中車の本領発揮!

99.9やっぱり面白い。 テンポも良いし小ネタを探すのも 演者のやりとりも楽しい。 そして深山さんは文句無しで可愛い… 何より憂鬱な日曜の夜を変えてくれる 物凄く満足度の高いドラマ。 毎週心待ちにしています。

佐田先生のYESの言い方、声なんか好き(笑) 笑ってしまう笑笑

まとめ:今回もダジャレは寒かった

やっぱり、松潤演じる深山のうざさは癖になりますね。

佐田もいい味出しています。

舞子もすごくきれいです。

次回も楽しみですね。