【99.9刑事専門弁護士SEASON2】4話あらすじネタバレ感想 

スポンサードリンク
 

今回は、【99.9刑事専門弁護士SEASON2】4話のネタバレ感想をしていきたいと思います。

第4話登場人物一覧

写真森本 貴・・・近藤芳正

写真足立靖男・・・塚地武雅

写真岩村 梢・・・有森也実

写真棚橋政一郎・・・迫田孝也

写真田中裁判長・・・小須田康人

写真岩村直樹・・・ユリオカ超特Q

 
スポンサードリンク
 

【99.9刑事専門弁護士SEASON2】4話あらすじ

今回は、99.99が始まります。99.9じゃなくて?と思いました。

実は明石の夢落ちでした。司法試験前で寝不足気味で夢を見ていたようです。

モンスタークッキングを見ながら皆は食事をしていました。

物語は、斑目法律事務所に岩村梢(有森也実)が刑事事件の弁護で相談にやってました。

被疑者は、梢の夫で工場の社長・岩村直樹。

直樹が、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺したのだ。

その後、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分になっていた。

さらに、梢は幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の社長・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされていたのです。

しかし梢はその日に届いたメールから直樹は絶対に殺人を犯してないと確信していて、何としても無実を立証してほしいと依頼してきた。

遺書のメールが丁寧すぎておかしいというのです。普段は句読点を使わないのに遺書にだけ句読点を使っておかしいというのです。

佐田(香川照之)は、被疑者死亡の場合、裁判が開かれないからこれ以上の弁護は無理だと説明して、依頼を断ります。

しかし、深山(松本潤)は、梢から調書を借りてすでに明石とともに事件現場に向かっていました。

舞子は佐田に命令されて深山の元に向かいます。

調書によると岩村は、写真棚橋の経営する会社の下請けをしていて、その契約を破棄するといわれて、かっとなってスパナで殺害、遺体を車の陰に運んで、ビルから転落して自殺とのこと。

明石が現場を再現します。

細かく調べていくと矛盾が生じます。

詳しく調べるために、深山は、棚橋の話を聞きに行きます。

岩村が契約を切られることは、他の人もみんな知っていて、岩村自体もすでに知っていたと推測できます。

次に深山たちは、明石が飛び降りたビルに行きます。

別行動をとり、舞子たちはビルの防犯カメラの映像をもらいに行きます。

深山は、事件現場が調書の写真と違うことに気づきます。

そして梢に会いに行きます。梢に凶器のスパナを見せてもらいます。

そしてあるノート(モンスタークッキングをまとめたノート)を見ます。

それでひらめきます。

事務所に帰って調べたことを整理します。

佐田は、急に依頼を受けると言い出します。

佐田は岩村直樹がエンジンに関する特許を個人で持っていて、価値があったことに気付きます。

棚橋政一郎は、梢に相続を放棄させることで莫大な価値があるこの特許を手に入れようとしていたのです。

佐田は、岩村梢の依頼を受けて、棚橋政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正)に会いに行きます。

佐田は、棚橋の会社と関係のあるアダチ工業の社長に話を聞きに行きます。

棚橋の会社はここ数年売り上げが落ちていて、経営が悪化していたのでした。

棚橋の弟は岩村と新会社を立ち上げようとしていたのです。兄の棚橋はそれをしって憤慨したのです。

依然話したときは、契約破棄の話をしていたのに、今回は違う話が出てきました。

アダチ工業の社長は棚橋に脅されていたのです。

尾崎舞子は、検察庁にいって岩村の事件の再捜査を依頼します。

しかし、断られます。

佐田は、示談を拒否して刑事裁判で争うのではなく、民事裁判で争うといいます。

民事裁判で刑事事件の真相を暴くというのです。

佐田は、森本の元へ行って示談は断るといいに行きます。

事務所に戻ると凶器の鑑定結果を深山からもらいます。

民事裁判が始まります。

凶器のスパナからは岩村が自殺したとされる現場のセメントの成分が検出されたのです。

佐田は何者かが、岩村の死体からスパナに指紋をつけて棚橋の殺害現場に置いたと主張します。

佐田は、アイダ工業の社長を証人として呼びますが、森本がすでに買収していたのでした。

佐田は窮地に立たされます。

班目事務所の皆で、岩村の目撃証言を聞きこみに行きます。

しかし、目撃者を見つけられません。

しかも、森本は岩村が工場から事件現場に向かうのをみた目撃者を証人(アイダ工業の社長)として呼びます。(これはでっち上げです。)

深山が社長を尋問します。

深山が社長に岩村の服装を確認します。

社長は「アイボリーのセーターを着ていた」と言っています。

深山は何度も聞きます。

「絶対に間違いありませんか?」

社長は「間違いありません。」

「絶対に間違いありませんか?」

社長は「間違いありません。」

「絶対に間違いありませんか?」

社長は「間違いありません。」

「絶対に間違いありま千と千尋の神隠し」

でました。ダジャレです。

防犯カメラの映像では、岩村はコートを着ていたのです。

そしてそのコートは見つかっていないのです。

深山は真犯人はアイダ工業の社長の足立だといいます。(足立を動揺させて真実を言わせようとします。)

足立は動揺し、目撃証言をするように頼まれたといいます。

そして、棚橋が真犯人だとわかり、事件は解決します。

4話を視聴した視聴者の声

潤ちゃん…もとい ひろきゅん まっちろ だから 小指のアカギレ?傷?が 目立つ。。。←フェチ&過保護発動

「弁護士明石達也99.99」 かっこいいオープニングまで作ってもらってるwwwどっかで見た弁護士ドラマのオープニング99.9%パクリだけどいろいろ99.99に吸い込まれていくのほんま笑かしすwww

本日のオヤジギャグ! 絶対に間違いありま千と千尋の神隠し wwwwww

半袖深山くんも可愛かったな

まとめ:香川照之の演技が光ってた

やはり香川照之の演技は素晴らしいです。

いい味のキャラを演じてますね。

次回も楽しみです。

スポンサードリンク