【西郷どん】5話あらすじネタバレ感想 「御前相撲」

スポンサードリンク
 

今回は、西郷どん第5話のあらすじネタバレ解説をしていきます。

まだ見ていない方、ネタバレしたくない方はご注意ください。

第5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」あらすじネタバレ

斉彬が藩主になったことで、御前相撲を行うことになりました。

勝者は米十俵もらえるとのことでした。吉之助は張り切って相撲大会に出場を決意します。

吉之助達は正助のもとに行きます。

道中糸と出会い、一緒に正助のもとへ行きます。

糸は正助に紙を持ってきたのです。

糸は正助のことが好きなようです。

皆で相撲の練習をしていると、俊斎が来ます。

斉彬は父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず重用すると宣言したのだと言います。

父が流罪で未だ謹慎中の大久保正助(瑛太)は、斉彬のやり方に憤ります。

正助のため西郷吉之助(鈴木亮平)は、藩主と会える御前相撲で勝ち上がり殿の真意を問いただすと相撲で勝利すると誓います。

その頃、斉彬は父の斉興のもとへ行きます。

暇なら御前相撲を見に来ないかと誘います。

しかし、斉興は断ります。

その夜、糸の元に縁談が来ます。

相手は相撲大会にも出場する上級藩士・海老原重勝(蕨野友也)です。

糸の父は、「糸海老原様にもろうてもらえ!」といいます。

糸は困り、下駄を投げて決めようとします。

表が出たら嫁に行き、裏なら・・・・。

しかし、投げた下駄が吉之助に当たります。

吉之助は、糸に下駄が一つでは大変だろうと自分の草履を貸してあげます。

しかし、糸には大きすぎてまともに歩けません。

吉之助は糸をおんぶして正助のもとへ連れていきます。

家に帰ると、新八は吉之助に勝負をしようと持ち掛けます。

吉之助は勝負を受けます。(上半身裸になりますが、凄い体でした。)

吉之助は新八に負けてしまいます。

吉之助は新八に代表を任せるといいます。

そこへ、きみがやってきます。

「糸さぁめでたかなぁ。よか縁談話があっそうじゃの。」

(きみ)「高見馬場の海老原様は家柄もよくて立派な御方じゃち。」

正助は糸の縁談に嫌な顔をします。

そこで初めて、吉之助は正助が糸の事が好きだと知ります。

糸に恋焦がれる正助の無念を晴らすため、吉之助は絶対負けられない試合に臨むよう新八に言います。

そして、御前相撲の日がやってきます。

しかし、新八はお腹を壊して厠(トイレ)から出ることができません。

そして試合が始まってしまいます。

吉之助達は新八を迎えに行きますが、腹を壊して試合に出れないといいます。

新八は自分の代わりに出て欲しいと頼みます。

しかし、名簿には新八で登録しているため、他の人は出れません。

吉之助は、前に出て、新八の代わりに自分が出ますと言います。

しかし、山田はダメだと言います。

斉彬は、山田に取り組みを許すよう指示します。

その頃、糸は吉之助の家に行きます。

「吉之助さぁがお帰りになったら渡してたもんせ。草履のお礼と下駄をぶつけたお詫びです。」

正助は糸に話があるといいます。

「もしかしたら糸さぁは心に思っちょっ人がおっとじゃなかか?そいなら嫁に行っとはやめた方がよか。」

「そん糸さぁが思っちょっ男と一緒になるべきでごわす。」

糸は、吉之助の事が好きなのでした。

その頃吉之助は、順当に勝ち上がり、あと2つ勝てば優勝です。

そして、準決勝、吉之助が勝利します。

決勝戦の相手は、糸の縁談相手の海老原です。

海老原は準決勝で、足を怪我します。

吉之助の仲間は、ケガをしている足を狙うように言います。

しかし、吉之助は、正々堂々勝負をしたいと足を狙うのをためらいます。

勝負の前に斉彬が姫・於一(北川景子)に賭けを申し出ます。

(斉彬)この勝負わしと賭けんか?どちらが勝つと思う?答えよ於一。

(於一)私が賭ける相手はもう決まっておいもす。

(斉彬)わざと負けるような事があればそなた大損だぞ。

(於一)それでも賭けとうございもす。あの西郷吉之助に。

そして試合が始まります。

吉之助は、やはり相手の弱点を狙いません。

そして正々堂々と勝利するのでした。

(吉之助の父)「よしっそいでこそおいの息子じゃ。」

そして、いよいよ吉之助の前に斉彬がでます。

斉彬は、吉之助に自分と相撲しろと言います。

皆は、吉之助に勝ってはいけないといいます。勝ったら首が飛ぶと。

しかし、吉之助は、斉彬と相撲を取り、勝利してしまいます。

吉之助は、牢にいれられてしまいました。

今回は、ここで終わります。

 
スポンサードリンク
 

5話を見た視聴者の感想

 

5話を見た人の感想です。

・急に明るいトーンに ・糸&正助&海老原&吉之助、恋のバトルか?

・加治屋町郷中は学園ギャグみたいだな

・鈴木亮平、本当に役作りがハンパない。ナチュラルパワー感が満点

・まさかのラスボス、ケン・ワタナベ!!→ガチで勝った→投獄orz ・劇団ひとりの正体は…(笑)

まとめ:5話は最後が意外なラスボス登場

最後に斉彬自身が相撲を取るとは意外でした。

しかし、投獄されてしまった吉之助はいったいどうなってしまうのでしょうか。

次回が楽しみです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください