西郷どん16話ネタバレ感想!見逃し放送を無料で見るお得な方法とは?

スポンサードリンク
 

4/29に西郷どん16話が放送されました。

16話のタイトルは斉彬の遺言です。

どんな内容だったのか紹介していきます。

今すぐ無料期間を利用して西郷どんの見逃し配信を視聴する

16話ネタバレ感想:斉彬の遺言

西郷どん15話!ネタバレ感想と見逃し放送を無料で見る方法とは?

16話は京で斉彬の兵を待つ吉之助の元に書状が届くところから始まります。

その書状には、斉彬が亡くなったと書いてあったのです。

驚きを隠せない吉之助。

吉之助は、水戸様に兵を出してもらうよう上奏します。

そして、水戸藩に勅が下ることになります。

吉之助は、江戸に向かいます。

吉之助が江戸に着いた頃には、すでに水戸藩主は老中井伊の手にかかっていたのです。

吉之助は、最後の頼みの綱として、慶喜に兵を率いるようお願いしますが、断られてしまいます。

慶喜は、この後3年にわたり謹慎となってしまいます。

そして敵のいなくなった井伊直弼は次々と自分の敵となる相手を粛清していきます。

いわゆる安政の大獄です。

月照は勅書の責を一身に背負おうとしました。

吉之助は、月照を行かせず、一緒に薩摩に逃げる提案をします。

「おいが命をとしてお守りします。」

再起を誓って吉之助と月照は京から脱出します。

左内も別ルートで京を脱出しようとしますが、捕まってしまいます。

吉之助達に幕府の追手がかかり、吉之助は自害しようとしますが、そこに斉彬の霊が現れます。

「何をしておる!お前はいったい何を学んできた!」

そして、斉彬の霊は消えます。

吉之助は生きて斉彬の意志を継ぐことを決心し、16話は終わります。

 
スポンサードリンク
 

16話を見た視聴者の感想

視聴者の感想を紹介します。

  • 泣いたり怒ったり、、吉之助にとっては忙しい回でしたね~
  • しっかし、いちいち泣かされんなぁー りょへくんパワーをドバッと注入したから今日からも頑張っゾ!! お胸も拝見できて幸せでした
  • 冒頭から、ツラいね~
  • 「西郷どん」第16話「斉彬の遺言」。時間軸は安政5(1858)年7月~9月頃でしょうか。西郷31歳。西郷が斉彬の死の知らせを受けたのは、7月27日のことでした。
  • 月照と薩摩に逃げようとしている途中に同志の橋本左内が捕縛されもはやこれまでと自害しようとした吉之助の前に斉彬が現れ思い留まらせたシーンは感動しました。 特に斉彬が消えた後の「ありがとうございもした」は心に響きました。

 

西郷どんを見逃した方はU-NEXTで31日間無料視聴できる!

放送を見逃してしまった場合放送日の1週間以内にNHKで再放送されます。

それを忘れずに見るか録画するようにしましょう。

それでも見逃してしまったという方は、U-NEXTで見ることができます。

今なら31日間は見放題作品は無料で見ることができます。

登録も非常に簡単で、3分もあればできてしまいます。

もし、気に入らなければ31日以内に解約をすることで料金は一切かかりません。

解約も簡単で、電話やメールをする必要は一切ありませんので安心してください。

 

今すぐU-NEXTの31日間無料トライアルを申し込む

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください